フィールドレポートFIELD REPORT

メタボスイマーで鳥羽ブリ

メタボスイマーで鳥羽ブリ

IMG_0763
昨日は鳥羽の山洋丸さんにジギングでお世話になりました。

メインターゲットはシーバス。1週間ほど前から急に活性が上がり、良く釣れていましたが、潮が変わったので、果たしてどうなのか??

山洋丸さん別船や、他の船でもこの日とばかりにテレビの撮影も。

土曜日のプロスタッフの津井さんがオーシャンフラッシュブレードチューンで連発させていたので、それなら自分も・・・・・という事で行ってきました。

まず朝一、本来なら潮が早いはずの最初のポイントで、少し潮が緩いので、「必殺オーシャンフラッシュ75gブレードチューン」のただ巻きでヒット!!

やった~ トーバスゲット?

引きが違うと思ったら、良く肥えたワラサでした。

FullSizeRender (13)
FullSizeRender (7)
その後、別のポイントでもシーバスを狙いますが、この日の潮はシーバスの潮ではなさそう!

そしてポイントを青物狙いのポイントへ移動!

ここからはせっかくなので、この秋発売予定のメタボスイマーで青物狙い!

特に使い方は難しくなく、誘いは落として巻くだけ、フラッシュとの違いはフラッシュの誘いはチョンチョンとリールを1/2から1/3のピッチで巻いていますが、これは本当に普通に巻くだけ!

水深90Mのポイントなのでメタボスイマー160gをチョイス!

前日までとは違い渋い状況でしたが、またワラサゲット!

FullSizeRender (9)
水深の浅いポイントでは110gで!

FullSizeRender (10)
ジグ丸呑み

最後には

FullSizeRender (15)
最後にはブリまで釣れました!

昨日は前日までとは違い、残念ながらシーバスの活性は変わってしましましたが、

潮が変われば、またシーバス爆釣パターンになるでしょう。

詳しくはこちらで

山洋丸さん釣果情報

 

ジグにホロは貼ってないモデルでも、秋の九州でも連発、今回もホロ無しモデルで連発!

開発コードは「鳥羽ジグ」という事で2年前から開発して昨年のフィッシングショーでも展示していました。昨年、同時期の鳥羽の今回と同じ山洋丸さんでも、当社開発スタッフがワラサ、マダイ、ヒラメを一人でスーパー大爆釣!!

本当はそこで完成の予定でしたが、更にフォール姿勢、巻き抵抗をを考え、最終型に調整し結果、現在のモデルになりました。

160gでも軽々巻け、フォール姿勢も最高!

使い方は超簡単!本当に巻いて落とすだけ、ではオーシャンフラッシュとの使い分けはフラッシュはフラッシング効果でハイアピール!ベイトサイズが大きい時やイカパターンの時にハマリます、メタボスイマーは、ベイトが小さい時や、活性の低い時のナチュラルアピール!、その中間がオーシャンフラッシュセミロングです。

オーシャンフラッシュ、オーシャンフラッシュセミロング、メタボスイマーで、間違いなく

「誰でも簡単にジギングで爆釣!」

今年のフィッシングショーでも展示して、今週の名古屋キープキャストにも展示してますので、興味の有る方は見に来て下さい。

 

 

Today's タックル

こちらのフィールドレポートの釣りで使用したタックルをご紹介しています。

■ロッド:
オーシャンセンサーLJ B-63L
■リール:
オシアコンクエスト201HG リブレ×COコラボ クランク110フォルテシモ(プロト)
■ライン:
アバニ マックスパワー10×10PE 0.8号
■ルアー:
オーシャンフラッシュ75g、メタボスイマー110g 160g
■その他:
ページトップへページトップへ