お知らせNEWS

オーシャンウィップまもなく発売!



まもなく新しいティップランロッド「オーシャンウィップ」が発売になります。

オーシャンソードとの一番の違いは穂先の素材、オーシャンウィップでは、
ソフトチューブラーを採用しています。
オーシャンソードがソリッドティップでしたが、今回のモデルでは、
あえてチュブラーを採用しました。

感度という点では、クレイジーオーシャンモデルでは、
ソリッドが勝りますが、何よりも一番の特徴は扱いやすさです。

オーシャンソードでは、感度という点では、今までにない最高の仕上がりになりましたが、
それを実現するために、特にオーシャンソード「スーパーセンシィティブ71」では、
極細ティップという選択した結果、 誰にでも気軽に扱えないというデメリットも発生しました。

オーシャンウィップは、この誰でも扱いやすいという点が一番の特徴ですが、
扱いやすいだけでなく、ティップランと言えばやはり、穂先の感度。
チューブラーでも、今までとは違う感度は絶対必要。
今回採用したソフトチューブラーでは、今までのチュブラーに比べると、
柔らかい設計になっています、チュブラー穂先でも出来る限り、ソリッドに近い感度を実現したい
その事が、このロッドを制作する上での一番のコンセプトでした。

本当は、もっと早く発売したかったのですが、 やっと11月に発売出来る事になりました。

そして、今回のモデルでも、オーシャンソード同様、66モデルと72モデルでは、
1ピースコンセプトは受け継がれています。
66モデルでは、完全1ピース、72モデルでは、グリップジョイントの1ピースです。
さらに、従来モデル同様、76モデルでは、2ピースモデルも採用しました。


オーシャンウィップ、今回はMとかMLとかの表記はしておりません。


ブランクの硬さで言えば、66モデルと72モデルはML、76モデルはMとなりますが、
多分この表記を入れた場合、次の組み合わせは有り得ないと思います。

66MLでオーシャンシンカー40g+ダートマックスTR30gの合計70g

ティップランを当初考えた時、合計重量が70gのエギを引く事など、全く考えていませんでした。
しかし、ノーズコーンシンカー30gが発売されてエギとの合計重量50gになった時、
いつもの爆風下の40M以上のティップランでは、あまりにも7.8フィートのエギングロッドでは、
あまりにも大変でした。3年前からテストはしていました、ライトジギングロッドや、バスロッド等、
色々なロッドでテストした結果、やはり専用のブランクと専用の穂先でないと、対応は難しいと
感じました。釣って釣れない事はないとは思いますが、ティップの繊細さという点では、
他のロッドで対応出来なかったのは事実です。


普通に重い重量のエギを引く場合、今までのエギングの考え方なら、
MHかHのロッドと考えるのが普通です。
しかし、色々テストしてると、硬いロッドでは、あまりにも人間に負担が掛かり、
長時間のディープを攻めるのは大変でした。
そこで、逆にディープの場合、ベリーの部分を少し柔らかくすれば、本当に楽に
ティップランをする事が出来ました。




1ピースモデルにした事により、見事にMLでありながら、70gのエギをシャクル事が
簡単に出来る事に気付きました。
どこまでがエギングで、どこまでがジギングなのか・・・・・
エギをシャクルからエギングですが、実際50g以上のエギを引く場合、
やっている事はジギングと同じ事だと思いました。



利便性を考えた場合、確かに2ピースモデルは良いと思うのですが、
現状の当社の技術力では、やはり厳しかったのが事実です。
これは現在の殆どのジギングロッドに、2ピースモデルが存在しないのと同じ事だと思っています。


そこで、ジギング並みの軽快感と、ティップランの繊細さを両立させてモデルが、
オーシャンソード、オーシャンウィップです。
特に、どちらの66モデルも、ディープ対応という事で、
ベリーの部分は柔らかくしてあります。
オーシャンソードの71モデルでは、あくまでもあの繊細なアタリを取るために、
ティップわ柔らかく、べりーは固くしてあります。
もし、スーパーセンシィティブ71のベリー部分が柔らかければ、言い方が悪いですが、
全体でベロンベロンのロッドになってしまいます。



今回のオーシャンウィツプ72モデルでは、オーシャンソード71より、穂先は硬いので、
あえて、ベリーは柔らかくしています。
今度の72モデルは普通に1ピースモデルの良さを感じていただく
モデルとなっていますので、色々な状況に対応出来ると思います。
正直、感度という点では71モデルの方が上ですが、
扱いやすさは、別格72モデルです。

今回のオーシャンウィップで体感していただきたいのは、
ズバリ、ヘビーウェイトのエギで軽快にディープでエギングが出来る事。
そのためには、まずこのモデルを体感していただきたいです。

オーシャンウィップ66

価格は24,000円と、決して安くはありませんが、
オーシャンシンカー40g使用のエギで、一度体感して下さい。

ページトップへページトップへ