フィールドレポートFIELD REPORT

超簡単 電動リールのただ巻きで真鯛連発①

超簡単 電動リールのただ巻きで真鯛連発①

5月11日は小浜にマイボートで鯛狙いに行って来ました。

 

 

何と1本目が80cm超えの大鯛と幸先の良いスタートです。


(メタボスイマー130gミドキングローベリー フラッシュアシストブレードチューン)

 

今回も電動リールとメタボスイマーを使って試しました。

 

 

 

潮や風でボートの流される速さに比例してジグのウェイトを変えます。

 

 

 

水深が80m以上有るのですがゆっくりと流れる時は80gから使ってます。

 

 

 

必ず着底させて、電動リールで巻くだけ。

 

 

 

感度は大体底から20mまでに良く出ています。

 

 

 

なので、最初は30m~40mは巻いて、少しジグが斜めになってくると50m程巻くようにしています。

 

 

 

鯛ラバと違い、基本はジギングなので、当たりが有ると僕は即合わせしています。

 

 

 

良い感度が出て来たなぁって瞬間、釣友がヒット!


 

鯛では無かったのですが、良く肥えた青物でした。


(メタボスイマー130gミドキングローベリーブレードチューン)

 

釣友は手巻きでしたが、一切シャクらずに一定速で巻いているだけで、鯛に青物、根魚がヒットして来ます。

 

 

 

その後も地合いが来たのかただ巻きだけで連発もしました。


(メタボスイマー130gオールピンク フラッシュアシストブレードチューン)


 

良いサイズの真鯛が本当に良く釣れます。

 

 

 

しつこい様ですが、本当に落として、巻くだけ!

 

 

 

超簡単、ワンピッチやハーフピッチなどしなくても良いんです。

 

 

 

電動リールが有れば、超簡単に超楽ちん(笑)

 

 

 

ジギングなんてしんどい釣りなんか出来んわ~って思っておられる方でもメタボスイマーが有れば何て楽な釣りなんや!ってきっと思うはずです。

 
オーシャンフラッシュの基本的な使い方はこちらをどうぞ






 

 

Today's タックル

こちらのフィールドレポートの釣りで使用したタックルをご紹介しています。

■ロッド:
オーシャンセンサー LJ(Bait Model) OSE-LJB63L
■リール:
ダイワ SEABORG LTD 200J
■ライン:
PE0.8号 リーダーフロロ4号
■ルアー:
メタボスイマー(80g~160g)+フラッシュアシストブレードチューン
■その他:
ページトップへページトップへ