フィールドレポートFIELD REPORT

新しいタックルでタチウオジギング!

新しいタックルでタチウオジギング!


10月12日三重県鳥羽の山洋丸さんにお世話になりました。

最近、鳥羽でもタチウオが良く釣れているとの事で、ぜひ三重でも大阪湾で釣っているパターンを新しい釣り方で試したいと思いお世話になりました。

今年、タチウオジギングに何度も行っていますが、今までもタチウオジギングに年に数回は訪れていましたが、メタボスイマーほど、タチウオに最高に効くメタルジグは自分で言うのも何ですが初めてです。

メタボスイマーはこの鳥羽の潮の速い中で使うために開発したジグなので、同じ状況下の明石、それ以外の潮の速いエリアでもっともつと使って

きっかけはコレ!


津井さんと8月末に訪れた釣人屋さんでのタチウオジギング、
今までにないくらいの釣れっぷりで、こんなにタチウオ釣れるとは自分でも思っていませんでした。

津井さんからタチウオにめっちゃ効くとは聞いていましたが、本当に自分でも信じられないくらいの釣れっぷり、実際いろんなパターンが有るとは思うので、タチウオジギング全てに効くかどうかは今後のテスト次第ですが。

ただ、8月末の高水温の時はフラッシュのシャクリ方同様の巻き中心に狙って連発でしたが、
前回ルアーニュースTVの撮影の時は全くそのパターンは通用せず。

しかし、津井さんのフォールを入れながらのシャクリ方では連発!
津井さんは撮影しながらでも船中トップ。
途中からそのシャクリ方を真似したら、自分も連発でした。

今回、鳥羽のポイントでは水深も60~90mと少し深く、手巻きのリールも使いましたが、
せっかくなので、誰でもメタボスイマーを使ってタチウオを釣るにはやはりこれを使おうと


シーボーグ200LTD(電動リール)です。



杉野さんはスロージギングパターンでゲット!

テストの結果から言えば、サイズはそんなに大きくないものの、思っていた通りの結果で爆釣でした。
水深の深いポイントでは手返しも早く、最高の武器になる気配ムンムンでした。

この日は電動メタボスイマーで


また、美味しそうなサワラもゲット!


杉野さん」は8キロのブリもゲット!

この日もバッテリーはBMOの11.6Ah


ほぼ1日使っても使用した電力は1/5、シーボーグ200なら1日使用しても問題なさそうです。

まだまだ電動リールでのタチウオジギングはテスト段階ですが、これからが本当に楽しみです。


当日お世話になった山洋丸さんのHPはこちら!

Today's タックル

こちらのフィールドレポートの釣りで使用したタックルをご紹介しています。

■ロッド:
オーシャンセンサーLJ B-61ML
■リール:
シーボーグLTD200JーL
■ライン:
アバニジギング パワーブレイドX8 1.5号  バリバスショックリーダーフロロ5号+フロロ14号50cm
■ルアー:
メタボスイマー160g
■その他:
ページトップへページトップへ