フィールドレポートFIELD REPORT

大阪湾タチウオジギング開幕戦は!?

大阪湾タチウオジギング開幕戦は!?

暑い夏が始まり、少し遅れてますが、そろそろ大阪湾にもタチウオが入り出して来た様なので早速行って来ました。

 

 

 

今回お世話になったのは、初乗船で大阪北港のヤザワ渡船さん。


こちらの船は前から後ろまでオーニング(日よけ)があるので直射日光が当たらない分、暑さがかなり凌げます。

 

 

 

今回はそろそろ店頭にも並び出す、メタボスイマーのタチウオカラー(全4色)も試しに行きました。


左からゴールドゼブラレッド、ピンクゼブラグロー、オールパープル、パープルゼブラグローとなります。

 

 

 

ポイントに到着すると、そこそこの数の遊漁船がタチウオ狙いで居ます。

 

 

 

水深は60m台からスタートです。

 

 

 

メタボスイマーの160gを使い落していきます。

 

 

 

やはりメタボスイマーが良いのかジグではファーストヒットとなりました。


(新色のパープルゼブラグロー 160g)

 

ヒットしたのは、誘いは何が良いのか探ろうと色々と試しているワンピッチジャークをしている時でした。

 

 

 

活性が高いのかと思えば、まだそんなに数が居ないのか活性が低いのか連続してヒットする事は有りませんでした。

 

 

 

なので早目のカラーチェンジで試して行くと


今度はゴールドゼブラレッドでヒットしてこの後ピンクゼブラグローでもヒットして来ました。

 

 

 

テンヤをされている方にもポツリポツリと釣れ出していて、ジグの方もメタボスイマーに着け変えた釣友にもポツリポツリとヒットしました。




 

今回のジグでの最大サイズもメタボスイマーにジグチェンジして1投目の釣友にヒットしました。


 

色々なシャクリを試しているとこの日のヒットパターンかな?というのも有り、連発も有りました。

 

 

 

それを見ていた釣友達も僕のシャクリを真似てシャクるとヒットに繋がりました。

 

 

 

柔らかめのロッドでゆっくりとワンピッチジャークでシャクリ上げる時にジグを飛ばさない様にして、フォールもあまり落ち過ぎない様にシャクると次のシャクリ上げる瞬間(僅かなフォールの時)にヒットして来ました。

 

 

 

その時によってヒットパターンが変わりますので、釣れない時は色々試してヒットパターンを見つけるか、周りで釣れている方を真似するのがヒットに持ち込む近道ですね。

 

 

 

これからどんどんタチウオの活性が上がる日も多くなり、釣りやすい日が有るはずなので、楽しめる事と思います。

 

 

 

僕も各地に赴き、タチウオジギングを楽しもうと思います。

 


オマケ・・・(キープキャスト限定カラーのグローボーンでも連発!)

 

今回お世話になったヤザワ渡船さまの釣果ブログです。

↓ ↓ ↓

釣舟「ヤザワ渡船」さん

 

 

 

メタボスイマーの使い方を説明している動画はこちらです。


 

 

Today's タックル

こちらのフィールドレポートの釣りで使用したタックルをご紹介しています。

■ロッド:
オーシャンセンサー LJ(Bait Model) OSE-LJB63L
■リール:
シマノ バルケッタ 300HG
■ライン:
PE0.8号+リーダーフロロカーボン8号2m
■ルアー:
メタボスイマー160g
■その他:
ページトップへページトップへ