フィールドレポートFIELD REPORT

伊勢湾タチウオ好調♪

伊勢湾タチウオ好調♪

10月21日(日)に現在活性バリバリのタチウオを狙いに三重県鳥羽の山洋丸さんに行って参りました♪

 


山洋丸様HPはコチラ

 

事前情報ではタチウオは爆釣との事♪

あわよくばタチウオパターンで青物も・・・・・(ᅙωᅙ)フッフッフ

 

 

結果から申しますと・・・・

 


 

青物の配当はナシでしたが、タチウオはボコボコに釣れました♪

バンザーイ\( ˙꒳​˙ \三/ ˙꒳​˙)/ バンザーイ

 

 

今回の釣行当日の状況ですが、水深は80m前後に対してヒットレンジは40~70mと幅広いレンジでヒットがありました。

 

ジグはメタボスイマーの160gを中心にNEWサイズの200gと240gも使いましたがいずれもよく釣れました←手前味噌(笑)

 

今回はあまりジグをシャクらず、「緩急をつけたタダ巻き」や「ストップ&ゴー」が良かったように感じます。


 

もっと正確に表現すると「タダ巻きの方が綺麗に口元周辺にフックが掛るので、魚とのファイトから取り込み後の手返しが早い」といった印象でした(*´ー`*)♪

 

この日は偶然にも地元の釣具店様のグループも同船されてましたが、皆さんも同じことを感じていたようで途中からみんな「タイラバやってんの?!」ってぐらいメタボスイマーを巻き巻きしてました(笑)

 

 

もちろんシャクってもよく釣れるのですが、腹掛りや背中掛りなど通称「ワッキー掛け」の確率が高くなってしまい手返しが悪かったです。

 

 

 

ちなみに今回は1秒でハンドル1~3回転ぐらいの巻き速度で緩急をつけて巻いてみました。

 

使用したリールがハンドル1回転で約80㎝程の巻き上げ長なので、当日の巻き速度は時速に換算すると2.88km/h~8.64km/hの巻き速度という事ですね  ٩( ᐖ )۶ ←多分(笑)

 

人がゆっくり歩く速さからジョギング程度といったところでしょうか(*ฅ•ᗜ•*)

 

電動ジギングでタチウオ釣りを長年されている方の話では、巻き速度が非常に重要との事なので意識的に色々試すのも大切ですね♪

 

 

 

マダイも緩急をつけた巻き巻きジギングでヒット♪


まさに「ぽっちゃりボディーで泳ぎ上手」というキャッチフレーズがピッタリです(*´艸`*)

 

 

タチウオジギングのフックシステムですが


フロントに5連サルカンを使用した太刀魚用4本バーブレス。

リヤにスプリットリングで接続した太刀魚用4本バーブレス。

 

もう一つが・・・・


フロント・リヤ共にダブルフックのパターンです。

フォールバイトが多い時はリヤフックを長めのセッティングします。

 


 

この鋭い牙! キャハ━━━━(#゚ロ゚#)━━━━ッ!!

牙のある魚は迫力があってカッコイイ!!

 

基本的に釣った魚を観察するのが好きなんで(笑)

 

皆さんも「身近な怪魚」タチウオジギングにチャレンジしてみて下さいね(๑•̀ㅁ•́ฅ✧

 


ちなみに食べ方は開いて一夜干しがオススメです(๑´ڤ`๑)ウマウマ♪

Today's タックル

こちらのフィールドレポートの釣りで使用したタックルをご紹介しています。

■ロッド:
オーシャンセンサーLJB-61ML
■リール:
ジギング用ベイトリール
■ライン:
PE1号 リーダー:フロロ6号+先糸フロロ12号
■ルアー:
メタボスイマー160g~240g 
■その他:
ページトップへページトップへ