フィールドレポートFIELD REPORT

メガタチにもメタボスイマー

メガタチにもメタボスイマー

11月27日は沖縄県本部の浜崎漁港から出船しているキャプテンズオキナワさんにお世話になりました。

 

 

前日は海が荒れていたので、出船が出来ず、とても残念でした。

 

 

 

翌日の今回は波も穏やかでポイントまでも非常に近くて期待するばかりです。

 

 

 

まだ明るいうちから(こちらでは基本夜釣りになります)同船者にヒットします。

 

 

 

サイズはメガタチには少し遠い感じのF3位でした・・・

 

 

 

しかし、タチウオがいて食い気も有ることがわかり、俄然やる気が出ます。

 

 

 

すぐに日も落ち出してうす暗くなって来た頃に太田さんにもヒットです。

 

 

 

少し遅れて僕もヒットします。

 

 

 

太田さんはオーシャンフラッシュセミロングの180g、僕はメタボスイマーの160g

 

 

 

水深はなんと200mを越えています 😯

 

 

 

水深が深いのは来る前から聞いていたので知っていましたから、リールを電動リールで用意してます。


船中でポロポロとF4.5~F5サイズのタチウオが上がりだして、しばらくするとラッシュに突入です 😆

 

 

 

棚を合わせて誘いを掛けるとすぐに食って来ます。

 

 

 

サイズは平均F5くらいです。



船中6人が全員同時ヒットもありましたし、太田さんとの同時ヒットも。
メタボスイマーを使う電動ジギングでは巻き速度をゆっくりにして、ポイントは手巻きと同じフォールになります。

 

 

 

しっかりと食わせの間を入れてやるのが沖縄のタチウオにも良かったです。

 

 

 

するとこんな風に・・・


リアフックにしっかりと掛かっました。

 

 

 

水深は深かったのですが、それ程潮も速くなく、船長がしっかりと船を立ててくれるので200g以下のジグでもしっかりと底取りも出来ました。

 

 

 

初のメガタチチャレンジだったのでわからない事が多く有ったので、次回はもう少し持って行くものも考えて持って行けそうです。

 

 

 

今回は僕も太田さんにもメガタチと呼べるサイズは出ませんでしたが、それでも良いサイズが連発してかなり楽しめました。

 

 

 

同船者の方で女性アングラーの方が今回は唯一のメガタチを釣られましたので、生であの迫力あるタチウオを見る事が出来てテンションもかなり上がりました。


次回はこのサイズ以上をゲット出来る様に頑張りたいと思います。

 

 

 

キャプテンズオキナワさんのHPはこちら

 

 

 



 

Today's タックル

こちらのフィールドレポートの釣りで使用したタックルをご紹介しています。

■ロッド:
オーシャンセンサー LJ(Bait Model) OSE-LJB63ML、M
■リール:
ダイワ SEABORG LTD 300J 200J
■ライン:
PE1.5号 リーダーフロロ6号+ナイロン20号
■ルアー:
メタボスイマー160g オーシャンフラッシュセミロング180g
■その他:
ページトップへページトップへ