フィールドレポートFIELD REPORT

バチコンアジングで爆釣

バチコンアジングで爆釣

5月26日は福井県小浜の青戸マリーナから出船しているF-cloud(雲丸)さんでバチコンアジングに行って来ました。


当日は感度も良く出ていて、表層にも鯵が見えるような状況でしたが、なかなか食わせる事が出来ずに数を伸ばせずに苦戦しました。

 

 

 

なので、翌日の27日はリベンジでマイボートにてバチコンアジングに行って来ました。

 

 

 

前日と良く似た魚探の反応ですが、同船者が1投目で良型のアジをヒットさせ、続いて僕もヒットしました。


仕掛けを落として魚探の反応の出ている所で細かく誘うと、ティップがピクッと入り即合わせします。ほとんどイカメタルと同じ釣り方ですね。

 

 

 

最初のヒットゾーンは上から約10m

 

 

 

ポツポツと数を伸ばせました。


良型も混じります。


魚探の反応はすごくいい感じに出ています。


ワームは海毛虫Jrが良く当たりました。

 

 

 

海面を見ると約3cm程のベイトが泳いでいます。そのベイトを捕食するのにアジがボイルしています。

 

 

 

シルエットがそれ程大きくないのでベイトに合わせて1.8インチの海毛虫Jrをチョイスしたのが良かったと思います。

 

 

 

カラーはどのカラーでも良く釣れましたが特にグローピンクにUVチャートの食いが良かったです。

 

 

 

海毛虫でも色んなカラーを試すと、釣れるのは釣れるのですが、当たるまでの時間が海毛虫Jrよりも少し多くかかりました。

 

 

 

最初は10m位がよく当たってましたが、段々とヒットゾーンが上がり、それまではポツポツと釣れていたのも、表層から3m位で釣れ出すと一気に爆釣となり35Lのクーラーボックスも満タンに成る程に釣れました。

 

 

 

これから小浜では産卵を控えたアジが浅場に接岸して良く釣れる時期を迎えます。

 

 

 

サイズも大きくて脂も乗って非常に美味しいアジを狙いませんか?

 

 

 

仕掛けはとても簡単で必要なのはジグヘッドとシンカーにワームだけ、タックルも最初はイカメタルやティップランのタックルをそのままで使えます。

 

 

まだ体験された事の無い方は今シーズンから初めてみてはどうでしょうか?

 

 

 

こんなに楽しい釣りが有ったと必ず思ってもらえます。

 

 

 

 

Today's タックル

こちらのフィールドレポートの釣りで使用したタックルをご紹介しています。

■ロッド:
AJING SPIRIT AJS-S67ML/S
■リール:
シマノ STELLA1000PGS
■ライン:
■ルアー:
海毛虫Jr・海毛虫
■その他:
ページトップへページトップへ