フィールドレポートFIELD REPORT

タチウオにもメタボスイマー

タチウオにもメタボスイマー

8月16日は西宮から出船している釣人家さんでタチウオジギングをしてきました。


使用ジグはメタボスイマーの160g



潮周りは長潮、水深は約60m~のスタート

 

 

ジグはそこそこバーチカルに落ちて行きます。

 

 

 

着底させてから、ワンピッチジャークで誘って行きます。

 

 

 

スピーディーに誘ったり、スローに誘ったりと

変化を付けてその日の当りを探します。

 

 

 

中乗りの方から前日はゆっくりの誘いが良かったと聞き、

ワンピッチからスローのハーフピッチに変えて誘って行くと

ガツガツと当たりが有り、合わせを入れます。

 

 

 

しっかりとフッキングさせ、巻き上げると

少し小型のタチウオが上がって来ました。


メタボスイマーの誘いですが、シヤクリを入れると

オーシャンフラッシュ程のダートは無く、フォールでは

センターバランスになっているので水平フォールになり

ゆっくりと沈みながらタチウオにアピールします。

 

 

 

1本上げてからもハーフピッチで少しフォールさせる

誘いが良かった様でジグのカラーを変えてもコンスタントに

ヒットしていきました。


タチウオジギングではジグのロストが多く有りますが、

今回はフォールでタチウオに食わしてましたがミスバイトは無く、

タチウオにラインを切られてのロストは有りませんでした。

 

 

 

潮止まりからの上げ潮のタイミングでは少し活性が上がり、周りでも連発です。

 

 

 

ただ、そこから二枚潮になり、上潮がとても早く流れてあちこちでおまつり騒ぎ。

 

 

 

そのまま潮が緩む事無く、午前便は終了を迎えました。

 

 

 

今回の釣行では、数もそこそこ釣れて、良いサイズも釣れたので満足な釣行でした。

 


青物だけでは無く、タチウオにも十分通用するアイテムなので

皆さんも是非にお試し下さい。

 

 

 

 

 

Today's タックル

こちらのフィールドレポートの釣りで使用したタックルをご紹介しています。

■ロッド:
オーシャンセンサー LJ(Bait Model) OSE-LJB63L、ML
■リール:
SHIMANO OCEACONQUEST200HG他
■ライン:
PE0.8号 リーダーフロロ4号+ナイロン20号
■ルアー:
メタボスイマー160g
■その他:
ページトップへページトップへ