フィールドレポートFIELD REPORT

イサキ&マイカ爆々!!そしてプロトの・・・も!

イサキ&マイカ爆々!!そしてプロトの・・・も!


7月24日、山口県長門の健洋丸さんでルアーニュースTVの撮影でした。

今年もスーパーライトジギングが流行していろんな場所で、行われていますが、
フラッシュジギングでイサキだけに的を絞った動画を撮影したかったのと、去年初めてイカメタルでお世話になり、あまりにも釣れたので、今回は両方を撮影しようと思い、お世話になりました。
そして、先週のさくら丸さん同様にフラッシュTGのただ巻きがイサキの多いポイントでどう反応するのかが楽しみでした。

健洋丸さんでは平日限定で、スーパーライトジギング&イカメタルのリレー便で出船しています。
今回はこのリレー便のスタイルで出船しました。

15時に出船してポイントに着いて1投目からいきなり来ました!!


40cm弱のビッグサイズ。
少しキャストしてフォール中にいきなりヒット!
オーシャンフラッシュTG40gで

そして今回同行してもらったプロスタッフの津井さんにも
同サイズがヒット!


津井さんもTG40gでゲット!

船長はフラッシュ30gで

 

その後も釣れ続き船の生け簀はこの通り
写真では大きさが分かりませんが、40cm前後のジャンボサイズ多数でした。

詳しくはルアーニュースTVの動画を見ていただければと。

この日のイサキフラッシュのパターンは前回同様のただ巻き&ストップ。
いつものチョンチョンと巻いてからのフォールの釣りも試してみましたが、
そのパターンでは中々ヒットはなく、リトリーブそれも早めのリトリーブからの
フォールが一番のヒットパターンでした。

船の近くまで着いて来て、ピックアップ寸前でのヒットも有りました。

 

今回は更にプロトモデルのテストも
上が従来のフラッシュ30g、下が新しいモデルの30g。
キャスティング対応、リトリーブで食わせる新しいフラッシュ。

今までのフラッシュでもリトリーブでも食わせる事が出来ましたが、
メインの使い方はスローにチョンチョンと誘って、フォール。
新しいモデルの特徴はリトリーブでのウォブリング性能と
キャスティング性能を高めたモデルです。

今回の釣行でも
まだまだ、これから色んな場所でテストしていきます。

前半戦は予想以上の釣果で後半戦のイカメタルに突入!

こちらは2時間程のイカメタルでしたが、

釣れでしたから最後まで休む間もなく、爆釣!!

イサキのフラッシュジギングと、イカメタルの詳細はルアーニュースTVの動画をご覧下さい。

今回お世話になりました健洋丸さんのHPはこちら!

 

Today's タックル

こちらのフィールドレポートの釣りで使用したタックルをご紹介しています。

■ロッド:
オーシャンソード OSー67MLB
■リール:
オシアコンクエスト201PG+BJ66-74 EP40
■ライン:
アバニジギング10×10マックスパワーPE0.8号&フラッシュリーダー4号
■ルアー:
オーシャンフラッシュ30g、50g、TG25g、40g
■その他:
アシストフック
オーシャンフラッシュTG40g:(フロント)フラッシュアシストL 
                (リア)フラッシュアシストWショートM 

オーシャンフラッシュTG25g:(フロント)フラッシュアシストWショートM
                (リア)フラッシュアシストWショートS
ページトップへページトップへ